決戦前夜.

ぜめて最後に、 それぞれ会いたぃ人のところで過ごそうという話になつたは, そういう理由.

讃光教会認定敵性星神 [エルク . 八ルクステン] 討伐のために集まつた勇者様御一行で, 一時解散することになつた.

鱗唄光教〈衣詔離{疋敵性日生 神 『ェルク・ ハルクス}ァ、ノ』 討伐のために集まった勇者様御 一 〝付
は、 そ、つぃ、つ担〟由で、 一 時解散する}」とになった。

「 …. .・なんでそれで、 謹太月陀に副ってくるなんて話になるゎけっ・」

久々にム離った 〝ゎ卿ハ は、 なぜか縣れたよゝつにそんなゝ」とを一一一一ロった。

「担^由なら、 ムっ一一一一口っただろ。

明日は決戦だ。 ^」繍事に帰って来られる保証はなぃ。 だからせめて、 、心残りを跚赴さない

よ、つに、 …賦孵の{伐を大切な人とともに過繍」そ、つってぃ、つ 」

〝ハ汝〟 たる主目年の一一一一口苺木をさゝ乙ぎって、

「だ・か・ら。 そゝ」がおかしぃって一一一一口ってるのー。」

ぴしやりと一一一一ロい放っ。

八ム縄呂の小さな孤旧ル養縄月施離放、 その離目理人去ェ。

ムロ所をぱたぱたと走り回る 〝娘〟 北目中は、 なぜやらとても、 繍」』』腹のよ、つだった。
、」いびと